EVENT

イベント一覧ページです。

  1. HOME
  2. イベント
  3. イベント其の1|月間展望とは何か?
time to invest 画像

イベント其の1|月間展望とは何か?

月間展望2021年2月号
この動画は勝ち方実戦編フリーパスプランで配信している月の値動きをラインで分析する講座(もう8年くらい?)。対象が 現在(今月の値動き)なので、トレード手法への理解も深まりやすい でしょう。

  • 値動きがどうなるのか?を考える事で、ライントレードの分析技術が向上して行く!というのが狙い。
  • 配信内容はFXとCFD。FXは主にドル円とユーロドルの分析を毎回行い、ケースバイケースで他の通貨ペアも配信する。
  • CFDは株価指数CFDと商品CFDの配信を毎月行っている。NYダウ、日経平均、ナスダック100、S&P500の4つはよく配信している。

では、今月の値動きがどうだったかをサンプルとして振り返ってみよう。

年間展望と月間展望がある。

ナスダック100とユーロドルをご紹介します!

ナスダックとは?

ナスダックは私が一番重視している株価指数で、日経平均などの株価指数の値動きも、このナスダック(見ているのはナスダックの100種平均)の値動きがどちらへ転ぶかによって左右される事になります。なぜなら、NYダウやS&P500もナスダックに引っ張られてしまうのだから。

ナスダックはハイテク株指数とも呼ばれ(IG証券がそう呼んでいる)、アップルやマイクロソフトなどの技術系の会社が中心だと言われています。

ナスダック構成銘柄比率のトップ銘柄を見てみましょう。

ナスダック100指数 全104構成銘柄
1 Apple Inc. 13.07%
2 Microsoft Corporation 10.72%
3 Amazon.com, Inc. 10.40%
4 Facebook, Inc. Class A 4.28%

参考ブログ;ナスダック100構成銘柄

ユーロドルとは

EURUSD。アメリカの米ドルと、ヨーロッパのユーロの通貨ペア。為替の世界では、 米ドルとユーロの交換が最も規模が大きく、為替市場全体への影響もまた大きい と言えます。この市場を見ておくことで米ドル自体の値動きもある程度見えてきます。そのため、私はユーロドルをかなり重視してます。

ユーロドルとドル円の話は姉妹サイトの「投資トレードの融合。」に書きました。こちらの記事をご覧下さい。

ドル円・ユーロドルと、金・ドルインデックスの関係性について

それでは年始からこれまで(2月末まで)の分析を見てみましょう。どのような分析だったのか、その分析手法とやり方がお分かりになるでしょう。

なお、この記事の日付は1月30日になっていると思いますが、書いているのは2月26日です。月間展望は月初に動画で勝ち方実戦編フリーパスプラン※のメンバーへお送りしています。

月初めに動画を作成し、月内の値動きを考えます。その 結果はこのように月末まで待たなければ分かりません。そして、月末の値動きがまた来月の値動きに影響を及ぼす。それが月末の値動き(月終値)の意味だからです 

つまり、月末終値は月全体の流れを左右していますので、月末月初は月の終値に注目してみて下さい。

この「月間展望」というサービスは、フリーパスプランのメンバー様へ毎月(今のところ数年間続けて!)お届けしている動画シリーズです。

勝ち方実戦編フリーパスプランとは?

ナスダックの2021年2月の値動き【例1】

US100CashDaily2

ナスダックは2月初め、あるラインより下で始まりました。この、意図して最後に下落した理由がお分かりになりますでしょうか?

それは、月末に下落するためです。

裏にある月足のローソク足(ピンク色;陰線を表す)を御覧ください。月の終値はラインより下、だから次の月は最後にラインより下で終わる。この理屈により、2021年2月の最後の値動きは下落することになるわけです。そして、この値動き影響されて、2月の最後は日経平均も3万円台突入から→3万円割れ、へと下落しました(2021年2月末)。

つまり、 ナスダックの影響で日経平均が下落したとも言える のです。もちろん、日経平均自体が目標値へ到達したので下落した、という理由もあります。その話は別のブログで書きましたので、宜しければ御覧下さい。

日経平均225のCFDの話(com)

脱線

最近作成したサイトが2つあり、その1つがこのサイト、ライフ。もう1つは【投資とトレードの融合。for index trade】というブログです。

3starterlife生涯投資としての長期投資について、そしてサポート期限のない勝ち方実戦編フリーパスプランのメンバー様への新たなサービスを展開する予定のサイトです。買って頂いたらそれで終わりではなく一生涯の付き合いのつもりでいます。その意味合いも込めて、当サイト名は「LIFE」となっています。

日経平均とナスダックのまとめ

日経平均が目標値(リトレースメント)へ到着し、ナスダックの下落という背景によって下落しました。

ユーロドルの2021年1月~2月末までの値動き【例2】

EURUSDDaily2

 ユーロドルは2020年に上げ倒して(笑)、その戻りの下落が年始に発生 しています。「年内には持ち直す」と想定していますが、まだ年始なので下落する事になるわけです。年始の年間展望2021という動画で、ユーロドルの下落と支えになるラインをお話しました。1.2と1.18です。
そして、この2月の上昇は1.2で跳ねたものでした。ですので、次に下落すると1.18が考えられます。抵抗になっているラインは、この日足チャートの横線(水平線;点線水色)です。「2つあり、その下辺まで戻した後で本格的に下落する可能性が高い」事を1月2月とお話してきました。

 

つまり、1月に下落し、2月にはその水平線(チャートの水色の点線)へ戻しました。このまま2月の終値がラインより下で終われば、3月以降に再度下落する可能性がある。これが予測です。

追記;3月5日のユーロドル(どうなった?)

では、3月になりましたのでどうなったのかを書いておきます。先ほどのチャートは2月中に書いたものです。

ユーロドル3月4日夜中

ユーロドル3月4日夜中

大きく下落しました。私は当然、この戻り売りポイントとなった点線のラインで売っていますし、動画をご覧になられた方も売ったかもしれませんね。

ユーロドル下落の背景には…?

この背景も考える必要があります。 背景にあるのはドルインデックスと金です。 金が重要なラインを割れそうなので(2月末)、ユーロドルもラインまで上昇したものの、素直に反落しました。ドルインデックスはそれとは逆に、同じ意味を持つラインで跳ねています。これらの理屈を知っていれば、値動きはよく分かるようになるでしょう。

なぜそう動くのか?

全ての分析は「フィボナッチとギャンのツール」で行っています。かなり機能するツールですので、是非研究してみて下さい。

スリースタータードットジェーピーではフィボナッチとギャンの使い方を教えています。

また、月間展望の配信は「勝ち方実戦編フリーパスプラン」の限定サービスで行っています。

 

スリースタータードットジェーピーへ

勝ち方実戦編フリーパスプランとは?

 

関連イベント

アーカイブ

トレードを無料で一か月間みっちりと学べる、大人気講座です!

メール講座は2つあります。詳細はこちら

投資の基礎はタダで学べ。メール講座へ
投資の基礎はタダで学べメール講座 ≪1か月間の基礎・応用・勝ち方講座無料≫