ドルコスト平均法は本当か?

投資の世界で正しいとされている事はいつも、検証してみなければ分からない。
何が正しくて、何が間違っているのか。その答えは、検証の中にだけある。

・ドルコスト平均法は本当に機能するのであろうか?【検証】
・現在の市況に沿う投資信託のポートフォリオは何か?【検証】
・CFDで解析する現在の市況・これからの値動き【解析・分析】

地球ビル 画像金 画像銀行 画像

投資信託はドルコスト平均法だけで成り立っている。

ドルコスト平均法とは?
一定の金額で買い続ける事で、買値の平均レートを下げ、結果として安値で買えると同時に時間分散効果があるため、比較的安全とされている売買スタイル。
しかし、どのような相場でも機能するわけではない。検証の結果、ある相場では機能しない事が分かった。では、どのような相場展開で機能するのだろうか?検証してみよう。

※「検証」は「実際に調べて証拠立てること。仮説を実証すること。」
「解析」は「組織的・論理的に調べること。または事物の構成要素を細かく理論的に調べることによって、その本質を明らかにすること。」

時間とお金 画像白黒チャート 画像夏と豚 画像椅子とお金 画像

ゆとりのある老後のための投資信託。しかし

何十年か積み立て投資をしても、最終的に減っていては意味がない。
とは言え、年金が当てにならない時代である事もまた確か。

それなら老後に資金を残せるような、安定的かつ順調に複利で投資資金を増やせる方法はないだろうか?
このように思われた事はないだろうか。

思うだけでは意味がないので、一緒に「何が正しいのか?」を検証しましょう。
そして、複利を期待するのなら始めるのは早い方が良い事も確か。

投資信託商品も何が良いのか検証しよう!

卵を一つのかごに盛るな。と言うように

様々な市場に投資して、リスクを分散させる事は重要だ。しかし、そのポートフォリオが正しいかどうかは市況による。
各種商品の特性を知り、現在の相場展開に合ったものへ組み直す必要がある。
だからこそ、私が実験台になろう。という企画がこの「投資信託検証」(仮)なのだ。

実際にタイプ別の投資信託を購入し、どう資金が変化するのかを観察。10年以上のスパンでこのサイトで見ていこうという話がこの企画。

真似するも良し。自分で考えるも良し。

推奨は出来ないが、参考にして頂く事は可能。
当サイトのフリーパスプラン限定閲覧ページで、その結果と、ドルコスト平均法の検証などを行って行く予定です。

お楽しみに!

※この企画はあくまでも検証作業であり、売買を推奨するものではありません。


勝ち方実戦編フリーパスプランについては下記HPでご確認下さい。動画が100個以上含まれたトレード教材です。サービスは多数。
今回の企画(2021年開始予定)も、このプランのメンバー専用となる予定です。