講座・blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 長期投資
  4. 楽天証券でつみたてNISA口座開設してみた!
nisa1

楽天証券でつみたてNISA口座開設してみた!

楽天証券でのつみたてNISA口座開設方法

この記事は、以前に楽天証券でNISA口座を開設した時に書いておいた記事です。当サイトLIFEも大体のデザインが完成しましたので、今更ですが、これからNISAを始めてみよう!という方のために再度、この記事を転記しておきます。

 投資信託をやる場合、今ならまずは無税のNISAをやるべきです し、それで足りない部分を特定口座で買えば良いため、最初に、どちらにしてもNISA口座を開設しておくべきです。

なお、私はFXとCFDのトレーダーなので、NISAにはこれまで興味がありませんでしたが、投資信託についてFPとして勉強していく内に興味を持ちました。投資信託は大して儲かりませんが、老後資金を貯める、という意味ではやっておくべきだと考えています。

私のお客さんは(トレードを教えているため)ほぼ全て、FXトレーダーか株価指数のトレーダーです。しかしながら、それとは別に、投資信託などで老後への積み立てを是非やっておいてほしいと考えています。

それではどうぞ。楽天証券でのNISA口座開設方法です。

楽天証券でのつみたてNISAの始め方(マイナンバーカードが難しい?)

以前から保有していた楽天証券」の口座でつみたてNISA口座を開設しましたので、申し込み方法が分からないという方のために、【楽天証券でのNISA申し込み】の流れをご説明します。

なお、一般NISAでも同様の方法となります楽天証券での申し込みで一番難しかったのが、マイナンバーカードを登録する方法でした。

WEB上でマイナンバーカードをアップロード出来れば簡単なのですが(その方法もありますが)、楽天証券のサイトがマイナンバーカードの写真をなかなか読み込まず(断念しがち)、結局は郵送で申し込みをして、無事にNISA口座を開設する事が出来ました。(iSPEEDアプリでも出来るらしいのですが)

NISAは一人につき一つのみ!しか口座を開けません(同時に二つは持てない)ので証券会社は慎重に選ばなければなりませんが、今回ご紹介する楽天証券は人気のNISA口座の一つですのでお役に立てると考えています。

「証券会社比較の話(どの証券会社が良いか)・証券会社を変える時の注意点」について簡単にご説明した後、「楽天証券でのマイナンバーカード登録の方法」「楽天証券でのNISA開設の方法」を図解しながらご説明します。

NISA口座をどの証券会社で開設するか

NISAを始めるには、まずは取引可能な口座が必要です。これから随時記事を更新して行きますが、一番最初に口座を開設するシーンだけは、私も一度しかご紹介出来ません。なぜなら、NISA口座の開設には規則があるからです。

  1. NSA口座は一人につき、一つのみ。
  2. NISA口座を他の証券会社へ変更する時は「廃止→開設」する必要がある。

特に人気がある2大巨頭というと(笑)、楽天証券SBI証券です。

※この他に、マネックス証券松井証券SMBC日興証券などもあります。ご自身でよくお調べになってから選んで下さい。NISA口座は一人につき、一度に一つしか持てません。

※楽天証券では楽天ポイントも利用可能です!今回私は以前から保有していた「楽天証券」の口座でつみたてNISA口座を開設しましたので、申し込み方法が分からないという方のために申し込みまでの流れをご説明します。※なお、当記事は特定の証券会社を斡旋するものではありません。本人が楽天証券でNISA口座を開設したという話です。

  1. マイナンバーカードを登録する
  2. NISA申し込みと同時にマイナンバーカードを登録する

楽天証券にマイナンバーカードを登録する方法

  1. マイナンバーカードを登録する
  2. NISA申し込みと同時にマイナンバーカードを登録する

今回の話は、楽天証券の総合口座※を既にお持ちであるという前提で話していきます。※全体の口座。その他商品の取引も可能。
楽天証券総合口座開設 → 楽天証券NISA口座開設(この部分の解説です)

楽天証券総合口座の新規開設方法

まだ楽天証券の総合口座をお持ちでなければ、NISA口座も開けませんので、次をご参考下さい。
楽天証券総合口座の新規開設方法…https://www.rakuten-sec.co.jp/smartphone/account.html

楽天証券とは?…https://www.rakuten-sec.co.jp/
なお、これから新規で楽天証券に口座を作成される場合は、運転免許証や保険証での総合口座開設が可能です。

NISA口座の開設にはマイナンバーカードの登録が必ず必要となります。従来から楽天証券の総合口座をお持ちで、今回新たにNISA口座開設のためにマイナンバーカード登録が必要になった場合は下の「楽天証券でのNISA口座開設方法」ではNISA口座とマイナンバーカード登録が同時に出来ますので、その方法をオススメします。

単独でマイナンバーカードだけを登録するか、NISA口座開設と同時にマイナンバーカードを登録するか。このどちらかでマイナンバーカードは登録出来ます。順番に図解して行きます。

楽天証券総合口座のマイナンバーカード登録方法

(楽天証券)マイナンバーカード登録 手順1「マイメニュー」をクリック。

mynumber1

最初は右上の「マイメニュー」から矢印が書いてある「基本情報・マイナンバー・口座(NISA・特定・未成年)」を出して、クリックします。

(楽天証券)マイナンバーカード登録 手順2 次に、「マイナンバー」をクリック。

mynumber2

(楽天証券)マイナンバーカード登録 手順3 「登録」をクリック。

mynumber3

(楽天証券)マイナンバーカード登録 手順4 「スマートフォンからできない場合こちら」をクリックして下さい。

mynumber4「スマートフォンからできない場合こちら」をクリックすると、郵送でマイナンバーカード登録申請が出来ます!文字が小さいですが、下の方に‥「スマートフォンからできない場合こちら」とありますね。そして、この郵送が一番簡単です。マイナンバーカード登録で「スマートフォンから提出」をクリックすると、スマートフォンで撮影してサイトが認識するのですが、なかなか認識されないのでかなり難しいのです。

背景が白色だと反射で認識しにくいらしく、極力黒っぽい背景の方が撮影時にはベストのよう。
カード正面写真をサイトが認識した後、次は斜めにして撮影し、自分の顔も認識させて本人確認をしてから初めて成功!らしいのですが・・・。私はそこまで辿り着けず、スマホ撮影の最初の段階で何度やってもダメでした。これは何度やっても無理だね・・と、郵送で申し込んだところ(配送に1週間程度掛かると書いてありましたが)、2日程度で返送用封筒と記入用紙が届き、提出してから3~5営業日程度で申請完了となりました。

郵送でのマイナンバーカード登録や、NISA口座開設には日数が掛かります。申請タイミングによって日数は前後します。
ただ、「NISA口座と同時にマイナンバーカード登録」もお願いしていたので、マイナンバーカード登録の郵送用紙が2枚来ました(笑)。そうなると大変申し訳ない想いをする事になりますので(申し訳ございません)、下の方法で申し込む場合は、マイナンバーカード登録単独の申請はやめておきましょう。

単独でマイナンバーカードだけを登録するか、NISA口座開設と同時にマイナンバーカードを登録するか。どちらか一方にしましょう。

※楽天証券総合口座開設時には本人確認書類のアップロードが必要です。個人番号カード(マイナンバーカード)か運転免許証がない場合は、健康保険証でも可能です。健康保険証ならスマートフォンで顔を認識させるという段階はありません。この時にマイナンバーカードを提出したら、後から登録する必要はりません。NISA口座開設にはマイナンバーカードのコピーの提出が必要です。

楽天証券でのNISA口座開設方法

  1. マイナンバーカードを登録する
  2. NISA申し込みと同時にマイナンバーカードを登録する

まずはマイナンバーカード単独申し込みと同じで右上の、「マイメニュー」をクリック。

mynumber1最初は右上の「マイメニュー」から矢印が書いてある「基本情報・マイナンバー・口座(NISA・特定・未成年)」を出して、クリックします。次に、「NISA口座」をクリック。この部分が上のマイナンバー単独お申し込みとは異なります。

mynumber2-2それではNISA口座開設を手順を追って見てみましょう。

(楽天証券)NISA口座開設方法 手順1 「詳細」をクリック。

kaisetu1

NISA口座開設 手順1(楽天証券)NISA口座開設方法 手順2 「申し込む」をクリック。

kaisetu2

(楽天証券)NISA口座開設方法 手順3 「NISA口座を申し込む」をクリック

kaisetu3

(楽天証券)NISA口座開設方法 手順4 「つみたてNISA」をクリック。

kaisetu4

※一般NISAの場合は、「NISA」をクリック。今回はつみたてNISAを申し込みます。つみたてNISAと一般NISAの違いについては別の記事でご説明します。なお、簡単な違いとしては、「つみたてNISAは年間の上限が40万円」、一般NISAは120万円となっている点です。しかしながらつみたてNISAの方が投資出来る期間が長いのです。

2019年末の金融庁のアナウンスでは2042年までつみたてNISAでは投資可能になるとの事でした。一概にどちらの方が良いとも言い切れませんが、期限が長いつみたてNISAを選んだ理由は次の通りです。

まず、期限終了後に一般NISAからつみたてNISAへ変更して投資先を変えたりというのが面倒、一般NISAの期間終了後の状況によっては不利に成り兼ねないという事もあり、一般NISAを選ばない事にしました。

一般NISAの盲点は税制にあり!?

NISAは非課税の投資枠ですが損益通算は出来ません。つまり、NISAの投資枠で出した損はただ損しただけで終わり、無かった事になります。他で利益を出していてもNISAでの損失分は差し引けません。この事からもNISAでは張り切った金額での投資は控えるべきだと私は考えます。

つみたてNISAなら、ある投資信託に決めたら値上がりしきったタイミングまで待って解約するか、または2042年まで値上がりしようが値下がりしようが待って老後資金に充てる(変動リスクはあるが)という事も可能です。つまり、より単純であり、さらに月に3万円強しか投資出来ないため、それほど気張って考える必要もありません。金額が大きいほどリスクも高くなりますので、小さな金額を積み重ねた方が安全性が高い事が一つ。そして、金額が小さいからこそ投資に気を病まなくて良いため、逆に放置する事が出来て、良い結果に繋がる可能性も高まります。これは通常のトレードでも同じです。

(楽天証券)NISA口座開設方法 手順4-2 「つみたてNISA」をクリック。

kaisetu4-2簡単な「つみたてNISAと一般NISAの違い」はこちらの表をご覧下さい。

楽天証券)NISA口座開設方法 手順5 「申し込む」をクリック。

kaisetu5

(楽天証券)NISA口座開設方法 手順6 「郵送で提出する」をクリック。

kaisetu6

 

「マイナンバーカードの登録」の項目の「スマートフォンからできない場合こちら」の話でも書きましたが、スマートフォンでマイナンバーカードを撮影してそれをサイトに認識させるのが「スマートフォンから提出する」というボタンです。しかし、この認識が難しく、なかなか認識しません。そのため、オススメの方法としては若干の日数(1・2週間程度)は掛かりますが「郵送で提出する」事です。郵送で提出するを選んだ場合、この時点で終了です。書類が届くのを待って、返送用封筒に入れて送ると、楽天証券側で確認し情報が正しければ承認されます。承認されると、NISA口座開設が完了!します。

郵送で提出する書類

  1. NISA口座開設届出書
  2. 本人確認書類
  3. マイナンバー通知届出書

マイナンバーカードはプラスチック製の「個人番号カード」であれば本人確認書類として認められています。通知カードは認めれていません。個人番号カード(マイナンバーカードの事)があれば、それのコピーを添付すればOKという事になると思われます。私は1のNISA口座開設届出書とマイナンバー通知届出書(これに個人番号カードのコピーを張り付けた)を提出しました。5営業日くらいで、NISA口座開設完了の連絡が来ましたよ。

提出可能な本人確認書類・・・個人番号カード、運転免許証、パスポート、健康保険証、住民票の写し・印鑑登録証明書、在留カード・特別永住者証明書、住民基本台帳カードなど。(本人確認書類としては不可なのは通知カードです。通知カードは個人番号カードの申請のために以前、各家庭に配布された紙のカードの事です。)
それでは楽天証券でのNISA口座開設方法はこれで終了です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

アーカイブ

トレードを無料で一か月間みっちりと学べる、大人気講座です!

メール講座は2つあります。詳細はこちら

投資の基礎はタダで学べ。メール講座へ
投資の基礎はタダで学べメール講座 ≪1か月間の基礎・応用・勝ち方講座無料≫